PC関連

PCの動作が遅い!そんな時はデフラグをして動作を軽くしよう

最近、PCのHDDがカリカリ音を立てたりソフトの立ち上がりが遅いと思ったことはないでしょうか?

それは、HDD内の断片化(フラグメーション)のせいかもしれません。

フラグメーションとは、ソフトをインストールしたりファイルを保存したときに、本来はひとつの場所にあるはずのものがHDD内の複数の領域に散らばってしまうことです。

例えを出すと、部屋を片付けるのが苦手な人が、ものがあちこちに置いてしまうようなものですね。

あちこちに物を置くと探すのが大変なのと同様に、PCもひとつの塊のファイルがあちらこちらに行ってしまうと、読み込むのが大変になって、立ち上がりが遅くなるなどの減少が起きてくるのです。

そこで、今回は、断片化を解決するためのデフラグソフト「Auslogics Disk Defrag」を紹介します。

デフラグとはフラグメーションを解決することです。

Auslogics Disk Defragは、簡単に速くデフラグができるので、デフラグソフトの中でもおすすめです。

インストールは以下のような手順です。

  1. Auslogics Disk Defragの紹介ページにアクセス
  2. 「窓の社からダウンロード」を選択
  3. ダウンロードできたら、インストール

以上です。

起動したら、使用しているHDDすべてにチェックを入れて、「Defrag」を選択するだけで、デフラグが開始されます。

Auslogics Disk Defrag 1

後は、デフラグ作業が終わるまで、放置するだけです。

説明は以上ですが、HDDのデフラグをするだけでソフトの立ち上がりや読み込みが早くなることもあるので、ぜひ試し目見てはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

-PC関連