PC関連

セキュリティー向上!RatoolでUSBメモリにアクセス制限

皆さんは、外でUSBメモリーを使う時にUSBメモリー本体にセキュリティーをかけていますか?

最近は、パソコンを少し離れた隙を狙った不正アクセスや不正使用があるので、USBメモリーにもセキュリティーをかけた方がいいです。少しの時間でも、あなたの大切な個人情報が盗まれてしまうことは十分にあり得ます。

そこで、USBメモリーにアクセス制限をかけられるRatoolを紹介します

Ratoolを使えば、USBメモリーの読み書きを制限することができます。完全にUSBメモリーにロックをかけることもできますし、読み込みだけを許可することもできます。

USBメモリーのアクセス制限の解除のためにはパスワードの入力が必要ですので、USBメモリーのセキュリティー向上にもつながります。

Ratoolはインストールは不要で、ダウンロード後すぐに使えます。

  1.  Ratoolのダウンロードページにアクセス
  2. ページ下部の「Download」を選択
  3. ダウンロード後、解凍して起動

以上です。

Ratoolを起動すると、下記のような画面表示になります。

ここで、

  • 読み込みと書き込みを許可
  • 読み込みのみ許可
  • USBストレージデバイスをブロック

のアクセス制限モードを選択できます。

SnapCrab_Removable Access Tool v13_2015-7-25_14-26-52_No-00

SnapCrab_Removable Access Tool v13_2015-7-25_14-34-0_No-00

SnapCrab_Removable Access Tool v13_2015-7-25_14-30-5_No-00

外にUSBメモリーを持っていく時は、紛失時のリスクを考えUSBメモリーにロックをかけることをおすすめします。

変更を適用するとUSBメモリーにセキュリティーがかかります。

また、勝手にUSBメモリーのアクセス制限を変更されないように、パスワードロックをかけましょう。

まずは、設定の「パスワードの変更」を選択します。すると以下のような画面になります。

この画面で、パスワードを設定しましょう。

SnapCrab_パスワード プロパティ_2015-7-25_14-31-36_No-00

 適応すれば、完了です。

RatoolのUSBメモリにセキュリティーをかける設定は完了したので、試しにUSBメモリーにアクセスしてみましょう。

SnapCrab_場所が利用できません_2015-7-25_14-32-45_No-00

USBメモリーにアクセスできないようになっています。しっかりとUSBメモリーにロックがかかっていますね。

自分がUSBメモリーを使う時は、再びRatoolでUSBメモリーロックの解除をしましょう。

SnapCrab_パスワードを入力_2015-7-25_14-32-24_No-00

パスワードの入力画面が出てきますので、さきほどのパスワードを入力してください。

後は、Ratoolの方で、読み込みと書き込みを許可するとロックが解除されます。

Ratoolの説明は以上です。このようにRatoolを使えば簡単にUSBメモリーのセキュリティー対策ができますので、外にUSBメモリーを持ち運び機会が多い方は、ぜひ使ってみるといいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

-PC関連