PC関連

仮想ドライブならDAEMON Tools Liteがおすすめ!

WindowsのOSのインストールや自作のビデオDVDをPCにコピーしたりするときに、isoファイルを使うことがありますよね?

でも、ファイルの形式がisoだと、OSのインストールの時でも、いちいちDVDやCDメディアなどに書き込むのは面倒ですよね?また、iso形式のビデオファイルをすぐに見たい時にも不便ですね。

そこで、仮想ドライブソフトのDAEMON Tools Liteを使ってみてはどうでしょうか。

仮想ドライブソフトというのは、知っている人もいるかもしれませんが、実際にPC上にDVDドライブやDVDメディアが存在しなくても、あたかもDVDメディアが存在しているように見せかけることができるのです。

その中のひとつが、DAEMON Tools Liteなのです。

例えば、WindowsのOSをインストールするときでも、OSのisoファイルをDAEMON Toolsに読み込ませれば、DVDメディアに書き込まなくても、OSのインストールを開始できるのです。

仮想ドライブソフトのDAEMON Toolsのインストール方法は以下の通りです。

  1. DAEMON Toolsのダウンロードページにアクセス
  2. 「窓の社からダウンロード」を選択
  3. ダウンロード後、DAEMON Toolsをインストール

以上で完了です。

なお、DAEMON Toolsのインストール途中で以下のような画面が出ると思います。

SnapCrab_Windows セキュリティ_2015-7-28_21-24-6_No-00

この時は、「インストール」を選択して下さい。そうしないと、DAEMON Toolsのインストールが完了しません。

次に、DAEMON Toolsの使い方について説明します。

SnapCrab_DAEMON Tools Lite 101_2015-7-28_21-32-57_No-00

起動すると、最初に上記のような画面が表示されます。

DAEMON Tools Liteの無料版は、仮想CD・DVDドライブのみに機能が制約されているので、ほかの部分を操作しても動きません。

まず、クイックマウントを選択します。

ここで、仮想ドライブに追加したいisoなどのイメージファイルを選択します。

SnapCrab_DAEMON Tools Lite 101_2015-7-28_21-35-33_No-00

追加すると、上記のようにディスクマークが青くなります。

SnapCrab_PC_2015-7-28_21-37-23_No-0020

エクスプローラー上でも、しっかりと、ドライブとして認識しています。

今回、使ったものはOSインストール用のisoですので、ドライブを選択するとDVDメディアと同様にインストールを開始できます。

これが、動画のisoですと、ドライブを選択することで動画が再生されます。

 

仮想ドライブソフトのDAEMON Tools Liteの説明は以上ですが、今までDVDメディアが必要だった場面でもそれを不要にしてくれるので、ぜひ入れてみましょう。

 

 

 

スポンサーリンク

-PC関連