PC関連

CPU-Zの最新版「1.73」でベンチマーク機能が実装

CPUの状態や性能などを表示できるフリーソフト「CPU-Z」の最新版「1.73」を公開されました。

もっとも大きな変化は、待望のベンチマーク機能の実装です。

SnapCrab_CPU-Z _2015-8-17_20-50-25_No-00

主なベンチーマークの機能は以下の通りです。

  • マルチスレッドとシングルスレッドの両方の計測に対応
  • 他のCPUとの性能の比較
  • システムの安定性のテスト

以上です。他のベンチーマークソフトと比較すると簡易的な計測しかできませんが、システムの安定性のテストには十分だと思います。

その他、CPU-Zの最新版で実装された機能は以下の通りです。

  • Windows 10への正式対応
  • IntelのSkylakeとBroadwellに正式対応
  • L4キャッシュの容量表示に対応
  • 最小限のCPU負荷で起動する「eXtreme Overclock Mode」の追加

CPU-Zの「1.73」の説明は以上です。システムの安定性を見たい時は、ぜひ使ってみましょう。

 

スポンサーリンク

-PC関連