デバイス

FREETELからハイスペックスマホ「SAMURAI極」が登場

スマホユーザーの皆さん、格安スマホと言えば性能が低いというイメージを持っていないでしょうか?

確かに、現在MVNO事業者などを通して発売されているスマホでも性能がキャリアから発売される最新スマホと比較すると、性能が劣るものが多い状況となっています。それもあり、本体価格を抑えたくて格安スマホを検討しているが、性能面の懸念点があり購入に踏み切れない方も多いと思います。

そんな中、FREETELからハイスペックスマホ「SAMURAI極」が発表されました。

<SAMURAI極とは?>

kiwami

MVNO通信を提供している「FREETEL」(プラスワン・マーケティング)からは発売予定のSIMロックフリーのスマホです。FREETELのフラッグシップモデルとして発表されました。

<スペックはどうなの?>

主なスペックとしては、以下の通りです。

OSAndroid 5.1
ディスプレイ6インチ IPS(2560 x 1440)
CPU8コア 2.0Ghz
RAM3GB
ROM32GB
外部ストレージmicroSD(最大128GB)
リアカメラ21MP
フロントカメラ8MP
SIMmicro/nano SIM × 2
LTE対応バンドFDD LTE B1/B3/B7/B8/B19
3G対応バンド3G:UMTS B1/B6/B8/B19
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac (2.4/5GHz)
BluetoothBluetooth V4.1
NFC対応
GPSあり
バッテリー3400mAh
充電microUSB
本体サイズ159.5 × 82.6 × 8.9 mm
重量182 g

・OSについて

最新のAndroid 5.1に対応しているので、最新のアプリの利用は問題ないと思います。

・ディスプレイについて

6インチのWQHDディスプレイ(2560 x 1440)ですので、写真などの映りや画面の描写はとても綺麗なものだと思います。ただ、スマホとして持ち運ぶには、ポケットに入れることは難しいので、少し不便かもしれません。ただ、年配の方には見やすくてよいかもしれません。

・CPUについて

8コアのCPUを採用しており、国内の多くのスマホに採用されているCPUよりも高性能です。ですので、アプリの動作に関しては、キャリアから発売されているスマホよりも快適に動作するのではないでしょうか。

・RAMやROMについて

RAMは、3GBですので他社の最新スマホと同程度の性能です。

また、ROMについては、32GBとなっています。動画や写真などを大量に入れると容量不足になると思いますが、SDカードにも対応しているので、あまり困ることはないと思います。

・カメラ性能について

リアカメラに関しては、ソニーのXperiaと並ぶ2000万画素オーバーのカメラを搭載しているので、かなり鮮明な写真の撮影ができると思います。

また、フロントカメラについても、800万画素程度ありますので、自撮りをされる方にも良いと思います。

・SIMカードについて

この端末はSIMロックフリーで、なおかつデュアルSIM対応です。なので、海外での利用が多い方には、とても便利です。

・バッテリー容量について

バッテリーも他社スマホと同程度の3400mAhとなっています。6インチの8コアCPUのスマホには少々少ないように思います。ただ、Android 5.0以降は電源管理が強化されているので、それに期待したいですね。

・重量について

6インチのディスプレイを搭載していることもあり、重さは180gもあります。ですので、できればもう少し軽量化をしてほしいですね。

ですので、今のところは画面が大きければ重たくても構わないという人の購入に向いていると思います。

<価格はどうなの?>

価格は、税抜き3万9800円となっています。8コアCPUを搭載していることを考えれば、かなり価格は抑えられていて、コストパフォーマンスは高い方ではないでしょうか?
<最後に>

「SAMURAI 極」は、今までの格安スマホの性能が低いというイメージを払しょくするスマホとなっています。ですので、今まで格安スマホの購入を踏みとどまっていた人も、購入を検討されてもいいかもしれません。

参考サイト:FREETEL

 

 

スポンサーリンク

-デバイス