デバイス

サムスンのGear S2が発表!前作のGearと比較してみた

サムスンの新しいスマートウォッチの「Gear S2」が9月3日に発表されます!

サムスン開催のイベントの「SAMSUNG Galaxy Unpacked 2015」でも、すでに告知がありました。

そこで、新型のGear S2と前作のGear Sのどこが違うかを比較してみました。

Gear S2になったことで、スマートウォッチとしての基本的な機能がどの程度スペックアップしたかを見ていきたいと思います。

<液晶ディスプレイ>

・Gaar Sの場合

Gear Sでは、解像度が360×360のSuper AMOLEDが採用されていました。また、ディスプレイの形は、曲面の長方形上の形でした。いかにも、スマートウォッチという感じの形でしたね。

bandicam_2015-08-13_11-43-15-258

・Gaar S2の場合

Gaar S2でも、解像度が360×360のSuper AMOLEDが採用されます。解像度としては変化はありませんが、ディスプレイの形が円形になったので、時計らしい形になってきています。

gear-s2

<CPU・メモリー>

・Gaer Sの場合

システムのスペックは以下のような感じです。

  • CPU:1GhzデュアルコアCPU
  • RAM:512MB
  • ROM:4GB

・Gaar S2の場合

システムのスペックは以下のような感じです。

  • CPU:サムスン電子製「Exynos 3472」、1.2GhzデュアルコアCPU
  • RAM:768MB
  • ROM:4GB

上記の2製品とも、CPUやメモリーのスペックに大きな変化はないようです。ですので、動作の軽快さの面では、大きな進歩があるわけではなさそうです。

<通信部分>

WiFiに関しては、両方ともIEEE802.11b/g/nの無線LANに対応しています。また、3G通信に関してははっきりした情報は発表されていませんが、おそらく前作のGear Sに採用されていたことを考えると、Gear S2でも採用されると思います。

また、Bluetoothに関しても最新の4.1に両方ともなっていますので、変化はないようです。

<バッテリー>

Gear Sでは、250mAhバッテリーでしたが、今回は50mAhアップの300mAhのものが搭載されています。スマートウォッチの使用電力から考えると、50mAhの容量アップは駆動時間に大きく影響しますので、良い進歩だと思います。電池持ちの悪いスマートウォッチの改善にも力を入れているのではないでしょうか?

<搭載OS>

Androidではなく、Tizen OSを採用します。サムスンはTizen OSの普及を進めているので、その一環なのだと思います。

<そのほかの機能>

Gear 2の紹介動画を見ると、以下の機能があるようです。

  • 時計機能
  • 天気や気温の表示
  • 位置情報取得
  • ストップウォッチ
  • 心拍計

このほかにも、Gear S2専用のアプリもあるのだと思われます。

<告知動画はどこで見れるの?>

Youtubeで見ることができます。

以上で、Gear SとGear S2の比較を終了します。

スポンサーリンク

-デバイス