デバイス

iPad Proへの対抗か。サムスンが18.4インチタブレットを開発

samsunggalaxytab4_7_3

サムスンが、新型のタブレット端末を開発しているそうです。

その大きな特徴は液晶ディスプレイのサイズです。なんと、18.4インチもの大型の液晶を搭載しているとのことです。

このサイズは、Appleから発表予定の「iPad Pro」の12.9インチを大きく上回るサイズで、おそらくAppleへの対抗措置だと思われますが、いったい何に使うと言うのでしょうか。

iPad-pro-concept-Ramotion-Top-view

では、サムスンの新型タブレットの特徴を見ていきたいと思います。

今現在で出ている情報は以下の通りです。

  • OS:Android 5.1 Lolipop搭載
  • CPU:Exynos 7580 1.6Ghz 8コア
  • ディスプレイ:1920 × 1080ピクセル 18.4インチ
  • RAM:2GB
  • ROM:32GB
  • SDスロット:128GB Micro SDまで対応
  • バッテリー容量:5700mAh
  • リアカメラ:8Mカメラ
  • フロントカメラ:2Mカメラ
  • サイズ:縦45.1cm × 横27.5cm × 厚さ1.1cm

スペックを見ると、今現在発売されているサムスン製のタブレットを単純に大型化しただけという印象を受けます。ほかの機種でも、8コアCPUやフルHDディスプレイは当たり前のように採用しているので、性能の向上はあまり見られないと思います。

また、12.9インチの「iPad Pro」ですらRatinaディスプレイを採用していることから考えると、18.4インチでフルHDというのは解像度不足かもしれません。おそらく、解像度の粗さが目立つような気もします。

バッテリー容量に関しても、このサイズで5700mAhというのは少ないと思う方もいると思いますが、18.4インチはとても持ち運びができるサイズではないので、室内使用メインと割り切れば特に問題ないのではないでしょうか。実際、サムスン側としても、教育現場や企業内での使用を想定しているとのことですので、バッテリーの容量はあまり考慮されていないと思います。

このタブレットの正式な発売日などはまったく発表されていませんが、18.4インチタブレットの使用感はどうなるかが気になるところですね。

 

 

スポンサーリンク

-デバイス