デバイス

スマホの指紋認証も危ない?簡単にハッキングされるという事実

apple-touch-id-fingerprint-scanner-645x361

最近、スマホでもセキュリティーを意識して指紋認証センサーを搭載している機種が増えていますよね。iPhoneだけではなく、Android端末でも搭載機種は増えつつあります。

実際に、スマホユーザーの方で、「パスワード入力が不要で便利」、「指紋認証だから安全」というように感じて、指紋認証でのロック解除機能などを使っている方は多いと思います。

でも、最近、スマホの指紋認証の信頼を揺るがしかねない事実が発覚しました。

なんと、スマホをハッキングして指紋認証を突破することができてしまうというのです。「Black Hat USA 2015」というハッカー向けのイベントで発表されましたが、端末で登録した本人の指紋データをごっそり抜き出すことができてしまうことが分かったのです。また、ハッキング自体はPCと直接接続しなくても遠隔で行うことが可能とのことですので、実際に行われたと想定すると恐ろしい事実です。

また、指紋認証のハッキングはスマホのロック解除だけにとどまらず、例えばアメリカで導入されている「Apple Pay」などの非接触型のモバイル決済で不正に決済するなどのこともできてしまうので、一般の方が大きな被害に合う可能性もあるそうです。

iPhoneの指紋認証であれば、データの暗号化の対策がしっかりとしているので問題ないとのことですが、逆にAndroid端末に関しては、サムスンやLGなどの大手メーカーのものでも脆弱性があるそうで、ハッキング攻撃を受ける可能性があるそうです。

今回の指紋認証のハッキングの可能性に関してはすでに端末メーカーに伝えられているとのことですので、メーカーからOS更新などの対策が行われるものと思います。

ただ、特にGoogle PlayなどでダウンロードできるAndroidアプリの中には、端末へのアクセス権限をかなり要求してくるアプリも多く存在するので、アプリをインストールする際はアクセス権限の範囲がどこまでに及ぶかをしっかり確認してからの利用が必要になるのではないでしょうか。

また、スマホだけではなく、指紋センサー搭載のパソコンなどもハッキングの危険性があるそうなので、油断はできません。

最近は、顔認証も本人に酷似したアイマスクを作れば突破できますし、そのうえ指紋認証もダメとなると、今度は静脈認証などを使うしかないのかもしれませんね。

 

 

 

スポンサーリンク

-デバイス