デバイス

新型iPod Touchはいったいどんな進化を遂げたのか

音楽好きの皆さん、外で音楽を聴くときはどこの音楽プレイヤーを使っていますか?

以前は、iPodやウォークマンなどのポータブルプレイヤーが主流でしたが、最近ではiPhoneやAndroidなどのスマホをプレイヤー代わりに使う方が多いですね。確かに、スマホを使ってしまえば、音楽再生機能が搭載されているので、プレイヤーを別で買う必要もないので便利ですよね。そんな流れによって、従来の音楽プレイヤーの利用機会も大幅に減ったのではないでしょうか。

そんな中、7月にAppleから新型の「iPod Touch」が発表されました。

<新型iPod Touchとは?>

旧モデルの第5世代のiPod Touch後継機種として登場した、iPod Touchの新モデル(第6世代)です。iPhoneでは毎年のように新モデルが発表される中、約3年ぶりの新モデルの登場となりました。見た目としては、iPhone 5sに似たような質感になっています。

<カラーバリエーションはどうなの?>

カラーは、シルバー、ゴールド、スペースグレー、ピンク、ブルー、レッドの6色があります。iPhoneでも人気のゴールドが選択できるのが、うれしいところですね。

ipod-touch-product-initial-2015_GEO_JP

<容量はどう?>

今回は、以下の容量もモデルが発売されています。

  • 16GB
  • 32GB
  • 64GB
  • 128GB(オンラインと直営店のみで販売)

となっています。

音楽をたっぷり入れる人であれば、128GBモデルを選んでおくと容量不足で困ることはまずないのではないでしょうか?

ただ、128GBモデルになると、16GBの約2倍程度の48800円(税抜)もするので、音楽プレイヤーとしては効果ですので、もう少し価格を抑えられているとなお良いですね。

<カメラ機能はどうなの?>

新型のiPod Touchでは、F2.4レンズを採用の800万画素のカメラが搭載されています。300万画素の画素数の向上によって、iPhone 6並のカメラ性能になりました。ですので、比較的きれいな写真を撮ることができるので、写真をSNSによくアップされる方などには利用価値が高そうです。

<そのほかの変更点は?>

今回の、新モデルは、CPUがiPhone 6と同様のA8チップが使われており、ひっかかりのない快適な使用ができると思います。

また、通信の面では、IEEE802.11acやBluetooth 4.1等の最新の規格に対応していますので、最新の多くの周辺機器が使用できるようになっており、便利です。

また、ディスプレイに関しては、iPhone 5sと同じ解像度のものが採用されていますので、画質面での不満はあまりないように感じます。

<重量とサイズは?>

58.6W×123.4H×6.1Dmmで、重量は88gとなっており、iPhone 5sよりも軽く持ち運びが意識されています。

<価格帯は?>

24800円(税抜)~48800円(税抜)となっています。格安のMP3プレーヤーなどと比べると高めの値段設定ではありますが、iPhoneに近い機能が使えるという点で考えると妥当な値段設定なのではと思われます。

 

 

スポンサーリンク

-デバイス