デバイス

Amazonの新型「Fire」が4,980円で買えるらしい!

スマホユーザーの方、画面の大きなタブレット端末が欲しいと思ったことはないでしょうか?

確かに、動画の視聴や電子書籍の閲覧をするにはスマホの画面は小さいですよね。でも、タブレット端末の種類も多いですので、どのメーカーのものを選んでいいかが分からない、良いと思う機種が見つかったが価格が高いなど、なかなか買えない方もいると思います。

そんな中、Amazonから7インチタブレット「Fire」の新モデルが発表されました。

<新型のFireとは?>

61A6whfvI6L._SL1000_ 71lqiWXF+QL._SL1000_

Amazonが9月30日に発売する新型のタブレット端末です。Amazonのウェブサイトでは予約が開始されています。

<スペックはどうなの?>

「Fire」の主なスペックは以下の通りです。

OSFire OS 5
ディスプレイ7インチ IPS(1024 x 600)
CPU4コア 1.3Gz
RAM1GB
ROM8GB
外部ストレージmicroSD(128GBまで)
リアカメラ2MP
フロントカメラ0.3MP
Wi-Fiシングルバンド
バッテリー最大7時間
本体サイズ191 x 115 x 10.6 mm
重量313 g

・OSについて

Fire OS 5を採用しているとのことです。このOSはAndroid 5.0をベースに作成されたものですので、快適な使用ができると思われます。

・ディスプレイについて

71icRfTQvNL._SL1000_

7インチ IPS液晶ですが、解像度が1024 x 600とのことで、低めに抑えられています。ただ、10000円以下で購入できることを考えると価格相応と言えるのではないでしょうか。また、7インチですので、画質の粗さはあまり目立つこともないと思います。

・CPUについて

クアッドコアCPUを搭載しているので、高精細な動画再生もスムーズに行えると思われます。

・RAM・ROMについて

RAMは1GBですので、複数のアプリを同時に使用すると動作が不安定になる可能性はあります。しかし、「Fire」は動画や電子書籍などの電子コンテンツを楽しむことが主な目的ですので、それらの動作には十分なスペックだと思われます。また、ROMも8GBしかありませんが、microSDカードも利用できるので、保存容量に困ることはないと思います。

・カメラ性能について

リアカメラ200万画素、フロントカメラ30万画素ですので、ガラケーよりも画質が悪いですが、あくまでもおまけと考えれば妥当だと思われます。

・バッテリー駆動時間について

駆動時間は最大7時間ですので、通常の使用であれば問題ないと思います。ただ、頻繁にタブレットを持ち歩く方には少々短いかもしれません。

・その他

重量やサイズは一般的な7インチタブレットをあまり変わりはありません。Wi-Fiも11acには対応おらず、価格相応となっています。

また、英語本の速読をサポートするWord Runner機能や、ユーザーの観たいビデオを自動で判断して再生準備をするASAP(Advanced Streaming and Prediction)などがあります。

<価格はどうなの?>

通常価格は8980円ですが、プライム会員は4980円で購入できるとのことです。

<最後に>

4980円~8980円というかなり格安で購入できるタブレット端末ですので、初めての1台にもぴったりだと思います。スペックはおさえられていますが、動画やネットしか見ないという人には十分なスペックだと思います。なかなか、タブレット端末を購入できていなかった方もこの機会にぜひ購入してみてはどうでしょうか?

 

 

スポンサーリンク

-デバイス