デバイス

Asusから自撮り特化の「ZenFone Selfie」が登場

スマホユーザーの方、お使いのスマホのカメラ画質を気にしたことはありますか?

最近では、1000~2000画素クラスのリアカメラ搭載のスマホも増えるなど、スマホカメラの高画質化が進んでいます。確かにキレに写真が撮れるので、いいですよね。その一方でフロントカメラの性能は今一つの機種が多いのも現実です。基本的には、スマホのカメラはリアカメラがメインですので仕方がないかもしれませんが、自撮りをよくされる方などはフロントカメラでも高画質で写真を撮りたいと思います。

そんな中、Asusから自撮り特化のスマホ「ZenFone Selfie」が登場しました。

<ZenFone Selfieとはどんなスマホなの?>

LwGDEbbRyxqyZDWw_setting_fff_1_90_end_500

「ZenFone Selfie」は、Asusが今月18日より発売している、新型のスマホです。このスマホは、リアとフロント共に1300万画素のカメラを搭載した、まさに自撮りに特化しているスマホです。今まで、フロントカメラと言えば200万画素程度のものが多かったことを考えると、かなりの画質が高い機種だと思います。

<詳細なスペックは?>

このスマホの主なスペックは以下の通りです。

OSAndroid 5.0
ディスプレイ5.5インチ IPS(1920 x 1200)
CPU8コア Snapdragon615
RAM2GB
ROM16GB
外部ストレージmicroSD(SDXCまで対応)
リアカメラ13MP
フロントカメラ13MP
SIMmicroSIM × 2
LTE対応バンドFDD-LTE:2100(1)/1900(2)/1800(3)/850(5)/800(6)/900(8)/1700(9)/800(18)/800(19)/700(28)
3G対応バンドWCDMA :800(6)/800(19)/850(5)/900(8)/1900(2) /2100(1)
Wi-Fi802.11 a/b/g/n/ac
BluetoothBluetooth V4.0
NFC不明
GPSあり
バッテリー3000mAh
充電microUSB
本体サイズ156.5 ×77.2 ×3.9 mm
重量170 g

・OSについて

最新のAndroid 5.0に対応しています。ですので、どのアプリも問題なく利用できると思います。

・ディスプレイについて

5.5インチのフルHD液晶ですので、画質の面でも申し分ありません。また、IPSパネルですので、どの位置から見ても見やすいと思います。また、ゴリラガラスを採用しているとのことで、落とした時も安心です。

・CPUについて

8コアCPUを搭載しているので、かなり高性能だと思います。ですので、高画質な動画再生や重めのアプリ起動もスムーズに行えると思います。

・RAM・ROMについて

RAMについては、2GBありますので、通常のアプリ使用では十分な量は確保されています。

ROMについては、16GBと少々少な目ですが、microSDが利用できるので問題はないと思います。

・カメラについて

先ほど述べたように、リアとフロント共に1300万画素のカメラを搭載されています。

フロントカメラは、F2.2で88度の広角レンズですので、自撮りの際も広範囲の撮影が可能です。複数人での撮影にも向いています。

また、リアカメラの方には、2つのLEDフラッシュやレーザーオートフォーカスなどが搭載されているので、綺麗な写真を撮ることが容易にできると思います。

・通信規格について

LTEや3Gともに国内の主要バンドをカバーしているので、エリア的な問題は少ないと思います。

また、デュアルSIMに対応しているので、海外での使用にも向いていると思います。

・インターフェースについて

microSIM端子が2スロット、MicroUSB、SDスロットなどを搭載しています。また、最新の11acやBluetooth 4.0にも対応するなど、充実しています。

・バッテリーについて

3000mAhですので、駆動時間は長く持つと思います。

・重量について

170gと少々重めですが、5.5インチということを考えれば妥当だと思います。

<最後に>

「ZenFone Selfie」はリアとフロント共に1000万画素越えのカメラを搭載した珍しいスマホですので、自撮りを良くされる方にはおすすめのスマホです。

スポンサーリンク

-デバイス