デバイス

ソニーからスマートウォッチ「wena wrist」が登場!

スマホユーザーの方、一度はスマートウォッチを持ってみたいと思ったことはないでしょうか?

確かに、Apple WatchやGalaxy Gearなどを持っている人を見ると、何となく便利そうだと思ってほしくなる人もいると思います。アプリを使いこなせば、結構便利だとは思います。でも、アナログの腕時計に慣れている人の場合は、今のスマートウォッチはアナログ時計らしさがなく、いかにもデジタル機器という感じがして、抵抗を覚えてしまう人もいると思います。従来のアナログ時計と比べても違和感のないデザインのスマートウォッチが待ち遠しいものです。

そんな中、ソニーからスマートウォッチ「wena wrist」が登場しました。

<wena wristとは何?>

「wena wrist」とは、ソニーが発表したアナログ時計風のスマートウォッチです。現在、クラウドファンディングで資金募集がされており、来年の3月以降に届くとのことです。クラウドファンディングは最近増えてきていますが、大企業が行う例は珍しいですね。

<デザインはどうなの?>

従来のスマートウォッチであれば、基盤やバッテリー等の部品が入っている部分が、分厚くなってしまったり、見た目が不格好になってしまうことがありました。でも、wena wristでは、内部の部品を分散して配置して、特定の部分の形が不格好になるのを防いでいるので、より腕時計に近いデザインになっているとのことです。

design_assembly

また、バンドのピース部分も腕に馴染みやすいように作られているので、装着感も良いと思われます。

確かに、写真で見ても、このバンドの中に配線が通っていることをあまり感じさせないですね。

design_peace

ヘッド部分のデザインにもこだわりがあるようで、ムーブメント部分も含めてシチズンが設計・製造を行っているとのことです。ですので、外に持ち歩いてもエレガントに身につけることができると思います。また、シチズンのムーブメントを採用しているので、時間の正確性も高いと思います。

design_case_and_lug

また、文字盤も「Chronograph」と「Three Hands」の2種類があるそうです。

以下が、「Chronograph」

design_silver_chrono

以下が、「Three Hands」

design_silver_3hands

また、バンド部分のステンレス素材やコーティングにもこだわっているとのことで、細部にも力を入れているようです。

design_material

特に、Premium Blackモデルでは、IP処理を施してあり、硬度にも優れるそうです。外に頻繁に出かける方はこちらの方が良いかもしれないですね。

design_ion_plating

<機能はどうなの?>

1、おサイフケータイ機能

Felicaがバンド内に搭載されているとのことで、EdyやiDなどのおサイフケータイのサービスを利用することも可能です。これを使えば、電子マネーの利用時も携帯を取り出す必要がないので、便利ですね。

ちなみに、利用するにはiPhoneに「おサイフリンク」をインストールして、初期設定が必要です。

function_image_1

・通知機能

メールや着信、SNSなどの通知機能を利用できます。必要な通知だけを選択できるので、無駄なものは通知されないそうです。また、アプリごとに振動の種類やランプの色も変更できるので、すぐにどのアプリからの通知かが分かりますね。

function_image_2

・ログ機能

wena wristには活動量計が搭載されているとのことで、万歩計のように利用したり消費カロリーを知ることもできます。ですので、スポーツをする人にも利用価値がありそうです。

function_image_3

<最後に>

wena wristですが、クラウドファンディングは現在でも受け付けているようです。ですので、wena wristのデザインや機能に共感ができる人は、支援をしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

-デバイス