未分類

オンラインサービスのセキュリティー強化!二段階認証の設定方法

最近は、大手のオンラインサービスから会員情報やパスワードが漏れるなどのニュースも出ることがあり、自分のアカウントに不正ログインされないか心配ですね。

そこで、もしパスワードが漏れた場合にも不正なログインを防ぐために、2段階認証を導入してみましょう?2段階認証とは、通常のパスワード認証とは別で、スマホ上に送られてくるログイン確認用の番号を特定画面で入力したりしないとログインできないようにする機能です。これなら、パスワードが漏えいした場合でも、安全になりますね。

今回、2段階認証の使い方を紹介するのは、以下のサービスですね。

  • Google

  • Yahoo

  • Facebook

  • Dropbox

では、説明していきます。

<Google>

  1. Googleのアカウント管理ページにログイン
  2. 「ログインとセキュリティ」を選択
  3. 「パスワードとログイン方法」内の「2段階認証プロセス」を選択
  4. 「設定を開始」を選択
  5. 「どの電話番号にコードを送信しますか?」でキャリアのメールアドレスか、もしくは電話番号を入力して「コードを送信」を選択
  6. 「このパソコンを信頼しますか?」で「次へ」を選択
  7. 「 2段階認証プロセスを有効にする」で「確認」を選択

以上で完了です。

これで、ログインするたびに、メールもしくは電話で確認コードが送られてくるようになるので、それでログインしてください。

<Yahoo>

  1. Yahooにログインした状態で「登録情報」にアクセス
  2. 「セキュリティー」の「ワンタイムパスワード」を選択
  3. 設定の開始で「メール」を選択
  4. 「メールアドレスの選択」でパスワードを取得用のアドレスを追加して、「送信」を選択
  5. 「設定するメールアドレスの確認」で先ほどのアドレス宛てに届いたワンタイムパスワードを入力
  6. 「復帰用メールアドレスの選択」で復帰用のアドレスを追加して、「送信」を選択
  7. 「設定するメールアドレスの確認」で先ほどの復帰用のアドレス宛てに届いたワンタイムパスワードを入力

以上で完了です。

これで、ログインするたびに、メールで確認コードが送られてくるようになるので、それでログインしてください。

<Facebook>

ログイン認証の場合

  1. 「設定」にアクセス
  2. 「セキュリティ設定」を選択
  3. 「ログイン認証」でチェックを入れて、「変更を保存」を選択
  4. 「ここからスタート」を選択
  5. 「セキュリティコードのバックアップ送信先」の空欄に、登録アドレス宛てに届く確認コードを入力

以上で完了です。

Facebookアプリのコードジェネレータを使用する場合

  1. 「設定」にアクセス
  2. 「セキュリティ設定」を選択
  3. 「コードジェネレータ」で「コードジェネレーターをオンにする」を選択
  4. 携帯電話でFacebookアプリを起動
  5. メニューボタンをタップ
  6. スクロールダウンして、コードジェネレータをタップ
  7. オンにするをタップ

以上で完了です。

これで、ログインするたびに、メールもしくはアプリ上のコードを入力してログインしてください。

<Dropbox>

  1. アカウントの管理画面にアクセス
  2. 「セキュリティ」を選択
  3. 「2段階認証」でステータスの「有効にする」を選択
  4. 「2段階認証で有効にする」を「スタートガイド」を選択する
  5. パスワード入力画面でパスワードを入力
  6. 「セキュリティ コードをどの方法で受信しますか?」で「テキストメッセージを使用」を選択
  7. 「スマートフォンの番号を入力」で電話番号を入力
  8. セキュリティコード入力画面で、電話番号宛に届いたコードを入力
  9. 「予備の電話番号」で何も入力せずに「次へ」を選択
  10. 「2段階認証を有効にする」を選択

以上で完了です。

  1. アカウントの管理画面にアクセス
  2. 「セキュリティ」を選択
  3. 「2段階認証」でステータスの「有効にする」を選
  4. 「2段階認証で有効にする」を「スタートガイド」を選択する
  5. パスワード入力画面でパスワードを入力
  6. 「セキュリティ コードをどの方法で受信しますか?」で「モバイルアプリを使用」を選択
  7. お使いのスマホに「Google Authenticator」をインストール
  8. 「2 段階認証を有効にする」のQRコードを「Google Authenticator」で読み取り
  9. コードの入力画面で、「Google Authenticator」上のコードを入力
  10. 「予備の電話番号」で何も入力せずに「次へ」を選択
  11. 「2段階認証を有効にする」を選択

以上で完了です。

これで、ログインするたびに、メールもしくはアプリ上のコードを入力してログインしてください。

次回は、twitter、Apple、Evernoteの2段階認証の設定方法も紹介します。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-未分類