未分類

最悪の場合発火の可能性もあり!とっても危険なバッテリーの過充電

ノートPCやスマホを屋内で使う時に、常に充電器に刺したまま使っている方も多くいるのではないでしょうか?

でも、バッテリーを充電しながら使うとPCやスマホの本体はとても熱くなりますよね。でも、多くの方が電子機器なので熱くなるのは仕方ないと思って、放置されていると思います。

でも、バッテリーの過充電はとても危険なことなのです。バッテリーの過充電を甘く見ていると、最悪発火などの事故につながることもあります。

そこで、バッテリーの過充電による危険性を説明していきます。

1、バッテリーの劣化が早く進む

家でも会社でも充電器を刺したまま日常的に使っている方ほど、バッテリーの劣化によって寿命が縮まるのが早くなります。実際、毎日のように過充電を続けていると、1年後にはバッテリーの性能が本来の半分程度になっているというデータもありますので、充電の必要のない時は極力充電器は抜いておきましょう。

2、機器の熱暴走の原因

充電器を刺したまま使用していると、端末の本体が熱くなることがあると思います。過充電によって熱くなるのはバッテリーですが、スマホやノートPCなどの場合は熱が籠りやすいので、CPUやメモリーまで熱くなってしまうためです。すると、正常な動作をしなかったり最悪は端末の故障に繋がることもあるので、注意しましょう。

3、バッテリーの破裂や発火のおそれ

長期間にわたって端末を酷使すると、バッテリーが少し膨らんだと感じることはないでしょうか。リチウムイオンバッテリーを過充電し続けると、最悪の場合はバッテリーが破裂したり、発火するおそれがあって大変危険です。極端な話として、バッテリーの発火で住宅が燃えたりしてはしゃれにもなりません。バッテリーに少しでも脹らみなどを感じたら、早急にバッテリーを新しいものに交換しましょう。

スポンサーリンク

-未分類