未分類

1Passwordでオンラインサービスのパスワードを楽々管理!

皆さん、オンラインサービスのパスワード管理はどうしているでしょうか?最近ですと、SNSやネット通販などのアカウントを複数所有するのは一般的なので、パスワードの数が増えてしまいます。でも、パスワードがたくさんあると使っているうちに忘れてしまいますし、正直すべてのパスワードを覚えているのは難しいと思います。また、すべてのパスワードを忘れないようにするためにパスワードの使いまわしをする人もいると思いますが、不正ログインなども多く起こっている状況下において、セキュリティーの観点から考えてあまりお勧めできる方法ではありません。

そこで、パスワード管理アプリの1Passwordを紹介します。

<1Passwordとは>

1Passwordは、複数のオンラインサービスやクレジットカードなどの登録情報やパスワードを一元管理するためのアプリです。今までのようにたくさんのパスワードを覚える必要もないですし、パスワードを覚えるために同じパスワードを使いまわす必要もないので、オンラインサービスのアカウントのセキュリティーも保たれます。

<パスワード管理自体は安全なの?>

1PasswordではAES256ビットという高度な暗号化方式が採用されているので、パスワード情報の漏えいの心配はほぼありません。ただし、後から説明をしますが、マスターパスワードは漏れないように注意してください。

<他のデバイスと同期はできるの?>

はい、できます。1Passwordは、DropboxやiCloud同期に対応していますので、他のデバイス(AndroidやPC)などとパスワード情報を字度で同期することができます。

<料金はかかるの?>

基本的な、ログインパスワードやクレジットカード情報の管理などであれば無料で使えます。さらに高度な、PCソフトのライセンスキー情報やWiFiの設定などを管理したり、フォルダやタグで登録した情報を整理する場合などは有料版が必要になります。でも、パスワードの数がよほど膨大でない限りは、無料版のままで十分使えます。

<どうやって使うの?>

まず、App Storeで「1Password」と検索してみましょう。

検索結果のトップに「1Password」が出てくると思いますので、インストールしてください。

IMG_1005

起動すると以下のようなに「1Passwordへようこそ」と表示されます。

「新規保管庫を作成」を選択します。

IMG_1006

次に、「マスターパスワード」を入力してください。このパスワードは1Passwordを毎回起動するときに求められるものなので、設定をしてください。くれぐれも忘れないように注意してください。

IMG_1007

次に、自動ロックの設定をします。一定時間アプリの操作がない場合に、自動的にパスワードロックをかけてくれる機能です。

「後に自動ロック」に関しては、できるだけ時間は短く設定してください。少し離れたすきの不正ログインを防ぐために重要です。「終了時に自動ロック」は、基本的にはオンにしておきましょう。

IMG_1008 IMG_1009

次は、同期設定の画面ですが、とりあえず何も設定をせずに「Let's go!」を選択します。

IMG_1010

次にマスターパスワードの入力画面が表示されますので、先ほど設定したパスワードを入力してください。

IMG_1011

 

パスワードを入力すると、以下のような画面になります。パスワード情報を登録すると、その一覧がここに表示されます。

まず、パスワード情報を新規追加するので、右上の「+」ボタンを選択します。

IMG_1012

次に、登録する情報の種類を選択します。通常使用するのは一番上の「ログイン」です。その他にも、個人情報やクレジットカード情報の登録もできます。

IMG_1013

次に、どこのオンラインサービスかを選択します。主要なオンラインサービスであればリストの中にありますが、もしリスト内に該当のサービスがない場合は、「Login name」にサービスの名前を入力してください。

IMG_1014

例えば、Googleを選択しましょう。

すると、ログインIDの入力を求められるので、お使いのログインIDを入力してください。

IMG_1015

その次に、パスワードを入力して保存します。

IMG_1016

これで、パスワード情報の追加が完了しました。

画面上にURLが出ていますが、このURLを選択するとオンラインサービスのパスワードをログイン画面に自動入力してくれるので、とても便利です。

IMG_1017

IMG_1018

ちなみに、クレジットカードや個人情報の登録画面は以下のような感じです。

IMG_1019 IMG_1020 IMG_1021

次に設定画面は以下の通りです。

通常のパスワード管理であれば、あまり設定変更はしなくても大丈夫です。

IMG_1022

複数のデバイスでパスワード情報を同期する場合は、同期設定をしましょう。iCloud、Dropbox、WiFiの3つの中から用途に合わせて選択して下さい。

IMG_1024

以上で1Passwordの説明は以上です。これで、面倒なパスワード管理がとても楽になるので、ぜひ使ってみてください。

スポンサーリンク

-未分類