未分類

ネット追跡型広告に消滅の危機か?消費者契約法改正の影響はいかに

SnapCrab_NoName_2015-8-16_16-31-16_No-00

「消費者契約法」の改正が検討されていることを皆さんご存知でしょうか?

先月、経済連盟より「消費者契約法の見直しに関する意見」が出されました。

「消費者契約法」の改正でネット追跡型の広告に影響が出てくる可能性があって話題になっています。

<ネット追跡型広告とは>

行動ターゲティング広告やリターゲティング広告とも呼ばれる、ネット広告の一種です。ネットで電化製品を購入しようと思って調べていると様々なサイトでしつこいように表示される広告のことです。一度企業のウェブサイトに訪問したことのあるユーザーのリストを蓄積して、それを元に広告枠のある他のウェブサイトにそのユーザーが訪問するした際に広告を表示するというものです。一度訪問したユーザーに配信するために、一般的に見込み度が高く制約につながりやすいと言われており、ネット企業がよく使う広告配信の手法です。

<改正でどんな影響があるの?>

消費者の思考を混乱させるような広告に対して規制がかかる可能性があります。すると、あまりにもしつこく表示されるネット追跡型広告も規制の対象になる可能性があるということです。規制の範疇はどこまでになるかが議論の争点ではあると思いますが、本当に実現すればネット広告業者にとっては大打撃になると思います。

<改正の本来の目的は?>

一部の悪質なネット通販業者やアダルトサイトなどからの高額請求から消費者を守ることが本来の目的のようです。ですので、改正を行う場合でも、よほど悪質な場合に限定する形でも規制が必要ではないかと思います。

<最後に>

消費者契約法の改正をしていくことは、消費者保護の観点としては間違ってはいないと思います。しかし、消費者保護ばかりに重きを置くのではなく、事業者の方の意見も取り入れるべきだと思います。消費者と事業者のバランスととる形で、改正を行ってほしいと思います。

 

 

スポンサーリンク

-未分類