未分類

LINEの位置情報共有サービスの「LINE HERE」が便利そう

皆さん、どこかで友達や知人と待ち合わせをする時になかなか相手を見つけられないこともあるのでしょうか。

今は、携帯電話があるので昔ほど見つけられないということはなくなったものの、そこでも待ち合わせ時の問題は完全に解決されていません。相手を見つけられないと、お互いに不安になるので、できれば迷わずすぐに相手と合流したいですよね。

そこで、位置情報共有サービスの「LINE HERE」を使うと便利です。

<LINE HEREとは>

「LINE HERE」とは、メッセージアプリのLINEが提供している位置情報共有サービスです。簡単に言えば、自分と相手の両方の居場所をマップ上で共有することができるというものです。今までは、相手が見つかれないときは電話するのが一般的でしたが、それでは相手にうまく伝わらずさらに迷ってしまうことがありましたが、「LINE HERE」と使えば、そんなことをせずに済みそうですね。

<LINE HEREの使い方>

まず、App StoreもしくはGooglePlay Storeで「LINE HERE」をダウンロードしてください。

IMG_1095

 

ダウンロードが完了したら、「LINE HERE」を起動してください。

起動するとチュートリアルが表示されるので、順に進めてください。

IMG_1096 IMG_1097 IMG_1098

チュートリアルが終了したら、以下のような画面になるので、「LINEで始める」を選択して下さい。

IMG_1099

すると、LINEアプリの方に移動するので、「同意する」を選択して下さい。

IMG_1100

 

「同意」を選択すると、LINE HEREの方に戻って、自分の現在の位置情報が表示されます。今回は都合により白塗りで隠してありますが、本当はこの部分に地図が表示されます。

次に、画面の下の方にあるプラスボタンを選択して下さい。このボタンは、位置情報を誰かと共有するときに使います。

IMG_1101

 

次に「メンバーを招待」という画面になるので、自分が位置情報をどうやって共有したいかを選択して下さい。LINEで相手に知らせる場合は「LINE」、メールなどで送る場合は「URLコピー」で大丈夫です。

IMG_1102

すると、以下のような確認画面になるので、「確認」を選択して下さい。

 IMG_1104

先ほどの作業でコピーされたURLを実際に開いていると、以下のような表示になります。

「○○さんと位置情報をシェアしましょう。」と表示されたら、「招待を確認」を選択して下さい。

IMG_1105

すると、相手の位置情報をマップ上で確認することができます。

 IMG_1101

 

ちなみに、マップ上に表示される相手の位置情報は、相手が動くと自動的に位置情報も更新される仕組みになっているので、もし違う方向に電話でフォローするなどの対応もできます。

<そのほかの機能>

今回は説明しませんでしたが、待ち合わせ場所などの目標地点を設定することもできます。すると、お互いに同じ場所に向かうことができるので、道に迷うことはあまりないと思います。万が一誰かが迷った場合でも、位置情報を示すアイコンが動きますし、離れてしまった場合のプッシュ機能もあるので安心です。

また、位置情報の共有を許可する時間をタイマーで設定することも可能で、プライバシーの面で気にしている方も、不安を持たずにつかうことができます。

<最後に>

待ち合わせをするといつも誰かが道に迷うということがよく起こっている場合は、「LINE HERE」を使えば迷わずに合流できるので、ぜひ使ってみてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

-未分類