未分類

ドコモ「カケホーダイライトプラン」は本当にお得なプランなのか?

スマホユーザーの方、料金プランはどうされていますか?

最近では、カケホーダイプランの普及により、定額通話が当たり前のようになってきました。確かに、電話を頻繁に掛ける人には料金が抑えられるのでありがたい料金プランですよね。でも、電話をあまり掛けない人や、電話をしても短時間の通話しかしないという人もいると思います。あまり電話をしない人に取っては、通常のカケホーダイプランを使っても意味がないですよね。

そんな中、ドコモから「カケホーダイライトプラン」が発表されました。

今回は、この「カケホーダイライトプラン」が本当にお得な料金プランなのかを検証してみたいと思います。

<カケホーダイライトプランとはどんなプランなの?>

月額1,700円で5分以内の国内音声通話を回数の制限なく利用できる料金プランです。超過した通話時間につき30秒ごとに20円の通話料がかかりますが、家族間通話は通話時間が5分を超過した場合であっても無料で利用できるとのことです。ウィルコムでも似たような料金プランが依然はありました。

<カケホーダイプランとの違いは?>

基本料金が2700円から1000円安くなった1700円になるとのことです。ただし、契約期間なしでの契約の場合は、月々3200円となります。

<加入条件は?>

ドコモのパケットパック(データ通信サービス)を契約している場合が対象となります。ただし、カケホーダイライトプランを利用する場合ですと、2GBのデータSパックを選択することができません。auの「スーパーカケホ」は月3GBのデータ定額(税抜月4200円)で利用できることを考えると少し見劣りをしますね。

<お得な料金プランなの?>

通話はほとんどしないが、データ通信を頻繁に行う(月5GB以上)場合は、月々1000円お得になります。ただし。データ通信もほとんどしない場合は、最低容量のデータ通信プランに加入できないので、あまりお得とは言えないと思われます。

SnapCrab_NoName_2015-9-22_9-31-2_No-00 SnapCrab_NoName_2015-9-22_9-31-16_No-00

<いつから開始されるの?>

9月25日(金曜)から開始されるとのことです。

<最後に>

ドコモからの「カケホーダイライトプラン」の登場は、au、ソフトバンクとの競争の激化を示していると思われます。今回の料金プランもそうですが、このような競争の激化で高いスマホの料金プランが少しでも安くなるとありがたいと思います。

 

スポンサーリンク

-未分類