未分類

ついにTwitterがツイートの140文字制限の撤廃を検討!

SNSサービスを頻繁に利用される方、最近Twitterは使っていますか?

数年前にTwitterが日本国内でサービスを開始したときには、多くの人がTwitterを使って自分のつぶやきを投稿していました。でも、今でもTwitterを利用している方もいますが、今ではFacebookやInstagram等のSNSメディアに乗り換えてしまい、以前ほど利用されなくなりました。その背景のひとつに、ツイートでの文字数制限にあると思われます。Twitterで投稿をする場合、ツイートの長さを140文字以下にする必要があり、短いつぶやき程度しか投稿できません。元々はつぶやくためのSNSメディアだったので、その趣旨からは外れていませんが、Facebookのように長い投稿ができた方が便利ですよね。この点が改善されれば、Twitterを使っているのにという方もいるのではないでしょうか。

そんな中、ついにTwitterがツイートの140文字制限の撤廃を検討し始めたそうです。

以前には、ダイレクトメッセージでの140文字制限の撤廃の話がありましたが、今回もしツイートの文字数制限もなくなれば、Twitterの全サービスで文字数制限がなくなることになります。

<なぜ文字数制限の撤廃が検討されたのか?>

大きな理由としては、「文字数制限をなくしてほしい」という声が利用者側から多く挙げられていたことです。先ほどの説明でも述べたように、やはり多くのユーザーが、Facebookのように長い文字数での投稿ができることを望んでいるようです。そんな声に合わせて、Twitterの社内でも文字数制限の撤廃は長らく話し合われていたようです。そんな時に、ジャック・ドーシー氏が新CEOに就任したことで、再び文字数制限撤廃が議論になり、ついに検討を始めたとのことです。

実際に、Twitter社内でも、開発チームがツイートの140制限の撤廃する計画を進めているとの話もあるようで、早期の文字数制限の撤廃を期待したいところです。

また、TwitterなどのSNSメディアは広告掲載枠で収益を上げており、広告を出稿する広告主を増やして広告収益をより多く得るという目的もあると思います。文字数制限がなくなり、ユーザー数を増やすことで、広告主にも魅力的な媒体になり得ます。

<今後について>

Twitterの文字数制限がなくなり、長文投稿が可能になれば、SNS市場の競争もますます 激化することが予測されます。ただ、長文投稿可能なSNSメディアに関しては、Facebookなどの大きな勢力がすでにありますので、新規ユーザーの獲得には難航が予測されるのではないでしょうか?

スポンサーリンク

-未分類