テクニカル

Google Analyticsで絶対に導入すべしクリック計測

Google Analyticsでアクセス数やページビューしか見ていない方、ボタンのクリック計測もすることをおすすめします。

ボタンのクリック計測をすることで、サイト内のどこのボタンが実際に押されたかを知ることができます。ですので、クリックの反応によってボタンの位置や色を変えるなどのサイト改善にもつなげていけるのです。また、スマホサイトの電話発信ボタンのクリック計測をすれば、実際にどのぐらいの人が電話問い合わせをしようとしたかの目安を知ることもできるので、設定をしておいた方がいいです。

クリック計測をするために、Google Analyticsのイベントトラッキングを使いましょう。

イベントトラッキングによるクリック計測をするには、専用のタグを発行して計測したいボタンをそのタグで囲う必要があります。

用途別に必要なイベントトラッキング用のタグを説明していきます。

1、基本的なボタンのクリックを計測

・ユニバーサルアナリティクスの場合

<a href="ボタンのリンク先URL" onClick="ga('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル');">ボタン画像のファイル</a>

・旧アナリティクスの場合

<a href="ボタンのリンク先URL" onClick="_gaq.push('send', 'event', 'カテゴリ', 'アクション', 'ラベル');">ボタン画像のファイル</a>

 

2、電話ボタンのクリック計測

・ユニバーサルアナリティクスの場合

<a title="0000-00-0000" onClick="ga('send','event','カテゴリ', ''アクション','ラベル','値', {'nonInteraction': 1});" href="tel:0000-00-0000">

・旧アナリティクスの場合

<a title="0000-00-0000" onClick="_gaq.push('send','event','カテゴリ', ''アクション','ラベル','値', {'nonInteraction': 1});" href="tel:0000-00-0000">

説明が遅れましたが、イベントトラッキング内のカテゴリ・アクション・ラベル・値について説明します。

1、カテゴリとは

何のイベント計測かを分けるためににつける名前です。これに関しては必須です。

例えば、他のページへのリンクボタンの計測であれば、Linkなどとつけます。

2、アクションとは

サイトの訪問者が実際に取る行動です。これも必須です。

基本的はクリック計測ですので、Clickなどで問題ないです。

3、ラベルとは

クリックなどのイベントをより細かく分類するときに使うもので、設定は任意です。

同じボタンがヘッダーにもフッターにもある場合は、header-botton・footer-bottonなどと分けて計測することができます。

4、値とは

クリックなどのイベントごとに売り上げなどの数値を指定できます。

例えば、お問い合わせ1回ごとにどの程度売り上げにつながるかが分かっている場合は、その値を入力するといいと思います。でも、基本的はあまり使わないです。

 

以上で、Google Analyticsのイベントトラッキングの説明は終了です。


 

 

スポンサーリンク

-テクニカル