テクニカル

開発環境構築ならクラウドIDEの「Cloud9」がおすすめ!

皆さん、プログラミング開発環境構築はいつもどうされていますか?

多くの場合、開発者自身が構築されると思いますが、Windows・Mac・Linux等環境により多少異なるものの、手間や時間がかかり大変面倒に感じられることもあるかと思います。テキストエディタ、コンパイラ、仮想化ソフトフェア(VirtualBox)、データベース構築等々多くの作業が必要になります。本来の開発作業に専念したいものですよね?

そんな方に、クラウド型の開発環境の「Cloud9」がとても便利でおすすめです。

cloud9-620x372

<Cloud9とは何か?>

「Cloud9」は、オンラインで利用することができるプログラミング開発環境です。自分のPCにソフトをインストールする必要がまったくありませんので、どこからでもアプリケーション開発やデータベースの利用などが可能です。また、常に同じ環境で開発を行うことができますので、実行環境に左右されずスムーズな開発を行うことができる優れものです。

<欠点はないの?>

「Cloud9」の欠点は、外国のサービスになりますので、日本語には一切対応していません。ただ、他の開発環境を利用しても、どのみちプログラミング自体がほぼ英語ばかりですので、一度慣れてしまえば問題にならないとは思います。

<使い方はどうなの?>

「Cloud9」は、実際の開発環境構築まであまり時間がかからず、ストレスがないです。使い方は以下の通りです。

1、Cloud9の公式サイト(https://c9.io/)にアクセスします。

cloud9-620x372

2、ページ内の空欄にメールアドレスを入力して、「Sign Up」を選択します。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-15-42_No-00

3、会員登録を進めていきます。

「Your name」のところにユーザー名を入力して、「Next」を選択します。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-21-5_No-00

Usernameも先ほどと同様で大丈夫です。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-23-40_No-00

選択欄が出てきますが、どれを選んでも大丈夫です。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-24-45_No-00

内容の確認が出来たら「Next」を選択します。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-25-3_No-00

チェックを付けて、「Create account」を選択します。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-25-21_No-00

これで、「Cloud9」の会員登録が完了しました。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-25-54_No-00

3、実際に開発環境の構築を行います。

画面内のプラスボタン、「Create a new workspace」を選択します。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-25-54_No-00 - コピー

「Workspace name」に、ワークスペースの名前をインストールします。ウェブアプリケーション開発であれば、アプリ名などで大丈夫です。

その他の入力欄は「git」等のバージョン管理が必要な方のみで大丈夫です。

「Choose a template」で開発に利用する言語などを選択します。

標準では主に以下の言語が利用可能です。

  • HTML5
  • Node.js
  • PHP
  • Python
  • Django
  • Ruby on Rails
  • C++

また、該当する言語がない場合や、自分で環境を構築する場合には、「Blank」を選択してください。

最後に「Create workspace」を選択します。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-42-5_No-00

これで開発環境の構築も完了しました。

SnapCrab_NoName_2016-6-6_21-51-26_No-00

後は、お使いの言語環境に合わせてウェブアプリケーション開発などを進めていくだけですね。

<最後に>

「Cloud9」は、開発者の環境構築の手間を大幅に削減できるとても便利な統合開発環境です。今回は紹介していませんが、オンラインでのソースコードの共同編集機能など、複数人での開発にも向いています。プログラミング初心者から上級者まで使えると思いますので、一度試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-テクニカル