テクニカル

絶対挫折しないRuby学習ならRails Tutorial!

皆さん、一度はプログラマーに憧れてプログラミングを勉強したいと思ったことはないでしょうか?

確かに、プログラマーになれば自由自在にアプリケーションが作れて楽しそうというイメージを抱いている方も多くいるのではないでしょうか?ただ、プログラミンは何から勉強してよいかわからない、一度書籍を買って勉強してみたけど内容が分からずすぐに挫折してしまったなど、学習に二の足を踏んでいる方が多くいるのではないかと思います。プログラミング初心者にとっては、リファレンスサイトや分厚い入門書を見ても、やる気も起こらないと思います。また、学習の結果、どんなアプリケーションが作れるかのイメージがわかないと勉強しづらいと思います。

そんな方には、Ruby学習サイトの「Rails Tutorial」がおすすめです!

SnapCrab_NoName_2016-6-7_19-15-5_No-00

<Rails Tutorialとはどんなサイト?>

「Rails Tutorial」とは、Ruby on Railsでアプリケーションを作りながらプログラミングを学ぶ学習サイトです。Twitterとほぼ同じ仕組みのSNSアプリケーションの完成を最終的なゴールにしているチュートリアルなので、どんなアプリケーションが作れるかのイメージを抱くこともできます。これで挫折する心配もなく、勉強も続きやすいと思います。

<実際どんな感じなの?>

実際に「Rails Tutorial」のサイト(http://railstutorial.jp/)にアクセスしてみましょう。

SnapCrab_NoName_2016-6-7_19-15-5_No-00

このチュートリアルは、第1章~第12章まで、合計12の章に分かれており、1から順に進めていくだけでアプリケーションが完成するようになっています。

SnapCrab_NoName_2016-6-7_19-18-26_No-00

Ruby on Railsのインストールからデータベース、サーバー設定などのアプリケーション開発環境の構築からスタートし、実際のアプリケーション開発に必要なコマンドやソースコードを入力しながら学習を進めていくことができます。

プログラミング初心者の方の場合、プログラミングを学習するために必要な環境構築の段階で挫折することも多いので、この辺りは親切でとても助かりますよね。

この学習サイトでは、Ruby on Railsのみですので、他の言語の学習を行うことはできません。ただ、Ruby on RailsはWEBアプリケーション開発でよく利用されるプログラミング言語ですので、これを覚えてしまえば一通りのWEBアプリの開発を行うことができると思います。また、ひとつのプログラミング言語を覚えてしまえば、基礎の部分はほかの言語とあまり変わらないので、簡単にほかの言語も覚えられると思います。

今回は、「Rails Tutorial」を紹介しましたが、一度挫折した方もこれを機に再度プログラミングに挑戦してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

-テクニカル