便利ツール

Windows PCが重い時のまずやること

最近、自分が使っているPCの動作が重いと感じる方もいるのではないでしょうか? 今回は、そんな時にPCの動作を軽くするためにやることをまとめました。 Windowsを使っている方であれば、恩恵を受けられると思います。

<デフラグを行う>

デフラグとか、PC内のHDD内のデータの断片化を改善することです。 PCを使ううちに、HDD内でファイルが断片化されてしまい、読み込みが遅くなることがあります。 特におすすめのソフトは下記です。

ソフト名:Auslogics Disk Defrag

auslogics-disk-defrag-06-611x535 URL:http://www.forest.impress.co.jp/library/software/addefrag/ このソフトであれば、デフラグの作業を高速に行うことができます。 1TB以上のHDDを使っている方にはいいかもしれません。 作業としては、下記の画像のようにデフラグをしたいHDDにチェックを入れて、 Defragボタンを押すだけなので、簡単です。 addefrag

<Windowsアップデートの無駄なファイルを削除>

Windowsをよく使っている人はよく見るWindowsアップデート。 自動で更新してくれる反面、残骸が何GBもたまっていることがあるのです。 これを消すと、数GB容量が軽くなることがあります。 やり方は下記の通りです。

・Windows 7の場合

スタート→すべてのプログラム→アクセサリ→システムツール→ディスククリーンアップ その後、「Windows Updateのクリーンアップ」をクリックして、OKをクリック。

・Windows 8の場合

コントロールパネル→システムとセキュリティ→ディスク領域の解放→システムファイルのクリーンアップ その後、「Windows Updateのクリーンアップ」をクリックして、OKをクリック。

<視覚効果の停止>

Windows 7やWindows 8では、滑らかに見せるために視覚効果が使われています。 ただ、それのせいで動作が重くなることがあるので、いっそのことオフにする手もあります。 私の場合も、結構高速化されました。低スペックPCほど恩恵を受けられるとおもいます。 やり方は下記の通りです。

・Windows 7の場合

スタート→コンピュータ→システムのプロパティ→システムの詳細設定→パフォーマンスの設定→視覚効果 その後、「パフォーマンスを優先する」にチェック。

・Windows 8の場合

Windows 8 の検索窓で「視覚効果」と検索→Windows のデザインとパフォーマンスの調整→視覚効果 その後、「パフォーマンスを優先する」にチェック。

<最後に>

今回はこの3つの方法を紹介しました。効果は高いと思うので一度試してください。

スポンサーリンク

-便利ツール