便利ツール

意外と抜けがちなGoogleアナリティクスのクロスドメイン設定

133[1]

最近は、セキュリティ意識の向上で、ウェブサイトのフォームの多くでSSLが使われるようになりました。それによって、Google Analyticsで解析している場合に、設定を変更しなければいけないと知っていますか?

クロスドメイントラッキングと言って、ふたつ以上のドメインやもしくはフォーム内がSSLの場合には、設定をしないと重要な参照元情報が引き継がれないので、分析に支障が出てきます。

この設定は、Google Analyticsをよく使われるアクセス解析担当者の方などでも、意外と抜けている方が多いのが現状です。ですので、これを機に、クロスドメイントラッキングの設定をされていない場合は、ぜひ設定してみてください。

では、設定の説明に入ります。

<手順>

1、トラッキングコードの変更

まずは、本サイトのドメインとSSL側のドメインそれぞれで、計測用のトラッキングコードに変更を加える必要があります。

今回の説明では、本サイトのドメインをプライマリ、SSL側のドメインをセカンダリと呼んでいきます。

・フォームで共有SSLが使われている場合

下記のような変更をトラッキングコードに加えます。

プライマリ用

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
  ga('require', 'linker');
  ga('linker:autoLink', ['セカンダリドメイン'] );
  ga('send', 'pageview');

</script>

セカンダリ用

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
  ga('require', 'linker');
  ga('linker:autoLink', ['プライマリドメイン'] );
  ga('send', 'pageview');

</script>

・フォームで独自SSLが使われいる場合

独自SSLの場合は、本サイト側とドメインが同一なので、共通のものでOKです。

<script>
  (function(i,s,o,g,r,a,m){i['GoogleAnalyticsObject']=r;i[r]=i[r]||function(){
  (i[r].q=i[r].q||[]).push(arguments)},i[r].l=1*new Date();a=s.createElement(o),
  m=s.getElementsByTagName(o)[0];a.async=1;a.src=g;m.parentNode.insertBefore(a,m)
  })(window,document,'script','//www.google-analytics.com/analytics.js','ga');

  ga('create', 'UA-XXXXXXX-Y', 'auto', {'allowLinker': true});
  ga('require', 'linker');
  ga('linker:autoLink', ['本サイトのドメイン'] );
  ga('send', 'pageview');

2、クロスドメイントラッキング用フィルタの追加

アナリティクス設定でフィルタを追加する必要があります。

のようなフィルターを設定してください。

  • フィルタ名:クロスドメインフィルタ
  • フィルタの種類:カスタム
  • フィルタの種類:詳細
  • フィールドA:(.*)
  • フィールドB:(.*)
  • 出力先:$A1$B1

3、参照元除外リストの追加

プライマリとセカンダリ用のドメインからのアクセスを参照元として記録させないように設定をする必要があります。

下記の手順で設定をしてください。

アナリティクス設定>プロパティ>トラッキング情報>参照元除外リスト>参照の除外を追加

この画面まで行きましたら、そこにドメイン名を入力して保存すれば完了です。

 

以上でGoogle Analyticsのクロスドメイントラッキングの設定が完了です。これで、参照元情報も正確に記録されると思います。

スポンサーリンク

-便利ツール