便利ツール

PCで高音質サウンド実現!Frieve Audioを使ってみた

CDをパソコンで聴かれている方の多くがWindows Media PlayerやiTunesなどのOS標準のプレーヤーを使っていると思います。しかし、PCだとどうしても音質が悪くなってしまいます。そんなPCでの音楽再生を高音質にできる「Frieve Audio」を今回は紹介したいと思います。

Frieve Audioは、CPUのパワーを生かして普通のプレーヤーソフトでカットされてしまう高音部分を疑似的に再現しているので、高音質でWaveやMP3音源を再生できるというものです。また、イコライザー機能も充実しているので、ピュアオーディオのような細かな調整もできるので便利です。

手順は簡単です。

  1. Frieve Audioにアクセス
  2. ダウンロードをして、インストール
  3. 起動して再生する

最低限の利用であれば、これだけでOKです。

これだけでも十分高音質になると思います。なお、CPUのパワーを生かして高音質を実現しているそうですが、現在普及しているPCであればあまり負担にはならないと思います。

でも、もっと高音質を実現したいという方は、ASIOというオーディオドライバを使用する方法があります。

ただ、通常のPCではASIOに対応していない場合が多いのです。なので、ASIOを疑似的に再現できる「ASIO4ALL」を使いましょう。

手順は以下の通りです。

  1. ASIO4ALLにアクセス
  2. ダウンロードして、インストール
  3. Frieve Audioを起動
  4. 設定の環境の設定を選択
  5. ASIOドライバを選択
  6. 使用するASIOドライバで、ASIO4ALLを選択
  7. OKを選択

以上で完了です。これで、元々高音質のFrieve Audioがさらにパワーアップしたと思います。

以上で、Frieve Audioの使い方の説明は終了です。これで、高音質サウンドでも音楽ライフが楽しめるかもしれませんね。

 

 

スポンサーリンク

-便利ツール