便利ツール

Google Maps利用者必見!マイマップで地図を作る方法

Google Mapsを使っている方は多いと思いますが、Google Mapsには自作マップ作成機能があるのをご存知でしょうか?

マイマップという機能を使うと、自分で地点やルートを書き込んでいって、自作マップが作れるのです。これを使えば、自分の行ったお店の場所を記録しておいたり、他の人と施設の場所を共有したい場合に使えますね。

Google Mapsへはこのページからアクセスできます。

下記のような画面が出ると思います。

my map startup

上記の画面で、「地図を開く」を選択。

すると、下記のような画面表示になります。

my map second page

ここからがマイマップの作成画面です。

ここから、ピンを置いたり線を引いたりして、マップを作成していきます。

ピンを使うと、下記のように地点を登録できます。

my map pin select

上記のように、地点登録をした後に、施設名などの編集もできます。

また、線を使って、ルートを描くこともできます。

my map ルート1

もちろん、線を直接引かなくても、ルートのマークを押すと、住所を入力して線を引くこともできます。

でも、先ほど地点をピンで打っていきましたが、大量にあると面倒ですよね。

そんな時は、マイマップのインポート機能を使って、エクセルファイルなどで一括でインポートしましょう。

下記のファイルをインポートしてみます。

map import

下記の画面でインポート用ファイルをインポートします。

my map ルート3my map ルート4

マーカーや目印に関しては、任意のものを設定してください。

そして、インポートが完了すると地点が追加されます。

my map ルート5

この機能を使うと、大量に地点登録をする時は楽ですね。

インポートしたデータ列の編集は後からでもできます。

my map ルート6

また、共有を選択すると、他の人と作成したマイマップの共有もできます。

my map ルート8

my map ルート9

上記の画面で、誰と共有するかを選択して下さい。

以上でマイマップの説明は終了です。自作のマップを作れば、様々なところで活用ができそうですね。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

-便利ツール