便利ツール

災害時に必須!非常時に使えるiPhoneアプリをまとめてみた

最近は、大きな地震や火山の噴火などが多発しており、いつ災害に巻き込まれるかは分かりません。

そこで、今回は災害時に使える8個のiPhoneアプリを紹介します。これらのアプリを使えば、非常時も焦らずに行動ができると思います。

1、防災情報 全国避難所ガイド

IMG_0938

このアプリを使うと、現在地周辺の避難所を探すことができます。出張先や旅行先で災害に巻き込まれた時は、このアプリだとすぐに避難所が見つかって便利です。

2、Yahoo!防災速報

IMG_0939

Yahoo!防災速報を使うと、避難情報や洪水情報など様々な災害の情報を一度に知ることができます。災害で非難するときは、このアプリで最新の情報を見て、より安全な場所に避難するようにしましょう。

3、防犯アラーム

IMG_0940

防犯アラームでは、画面上のスピーカーマークをタップすると、大音量で警告音を鳴らしてくれます。ですので、地震で建物内に取り残された際に、自分の居場所を知らせるために使うと有効ですね。

4、標高ワカール

IMG_0942

標高ワカールを使うと、周辺の海抜の高さを知ることができます。津波の来る恐れのある地域に住んでいる方は、このアプリで海抜を調べて、より標高の高いところに避難してくださいね。

5、バス停どこ?

IMG_0945

バス停どこを使うと、現在地周辺のバス停の場所を調べることができます。知らない土地で災害にあったので、とりあえずバス停まで行こうという時にはおすすめです。

6、まるごと路線図

IMG_0943

まるごと路線図を使うと、全国の鉄道の路線図を見ることができます。どの路線を使うのがいいかを考えるのには必須ですね。

7、駅どっち?

IMG_0944

これを使えば、現在地から最寄り駅までの距離と方角が簡単に分かります。ですので、とりあえず駅に行って運航再開を待とうという時には、使った方がいいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

-便利ツール