便利ツール

Windowsで簡単スクリーンショット!SnapCrabを紹介

   snapcrab for windows

Windowsでスクリーンショットを撮ると言えば、下記の方法を使う人が多いと思います。

  • Print Scrennを使う
  • Snipping Toolを使う

でも、Print Screenだと画面全体のキャプチャになるし、Snipping Toolだと使うたびに起動しないといけないので、面倒ですよね。

そこで、今回はSnapCrab for Windowsを紹介します。

このソフトを使うと、Windowsでも簡単・便利にスクリーンショットを撮ることができます。

まず、インストールをしてみましょう。手順は以下の通りです。

  1. SnapCrab for Windowsのページにアクセス
  2. ダウンロードして、そのままインストール

インストールは以上です。

インストールが完了すると、デスクトップ表示領域にロゴが追加されます。

ロゴマークは先ほどのものと同じです。

SnapCrab_NoName_2015-7-8_20-30-53_No-00under_right

もし、ここに出ない場合は、一度SnapCrabを起動してみてください。

ロゴマークを押すと下記のようなものが表示されると思います。

crab_lancher

 

設定を初めに進めていくので、歯車マークを選択して下さい。

crab_setting_save

上記の「保存」では、下記のように設定してください

・画像形式を「PNG フルカラー(推奨)」にする

絶対にこの設定はしてください。他の設定だと結構画質が低下します。

crab_setting_hotkey

次の「ホットキー」では、スクリーンショットを撮るときのショートカットキーを決めることができます。

自分で使いやすいキーの組み合わせを決めてみてください。

crab_setting_snscrab_setting_other

上記の2つに関しては、現状ではそのままで大丈夫です。

では、使い方の説明に入ります。

crab_lancher

上記のツールバーの機能を右から順に説明していきます。

1、ウィンドウをキャプチャ

選択しているウィンドウのキャプチャを取ることができます。撮りたいWindowsをアクティブにしておけば大丈夫です。

2、トップレベルウィンドウをキャプチャ

開いているウィンドウの中で、一番上にウィンドウをキャプチャできます。

3、デスクトップ全体をキャプチャ

全画面キャプチャを撮ることができます。

4、指定範囲をキャプチャ

これを押すと、マウスのカーソルで指定した範囲のキャプチャを撮ることができます。

5、投稿

キャプチャをして、その画像をFacebookやTwitter、Evernoteなどに投稿するときに使います。思いついてすぐにアップするなんてこともできますね。

6、カーソル位置の色を取得

マウスのカーソル周辺の色情報を知ることができます。

以上のような感じです。

先ほどのツールバーは起動している間はデスクトップ上に表示されているので、Snipping Toolのようにいちいち起動させなくて良いので、便利です。

SnapCrabの説明は以上です。すぐに起動して簡単に使えて高機能なので、ぜひ使ってみるといいでしょう。

 

 

スポンサーリンク

-便利ツール