便利ツール

Gmailユーザー必見!フィルタ機能でのメール振り分けが超便利

最近では、Gmailをメインのアドレスとして使っている方も多いと思います。

でも、受信トレイから特定のメールだけを振り分けたり、他のメールアドレスに転送しようと思うと、結構大変ですよね。

そこで、意外と知られていないGmailのフィルタ機能を紹介します。

フィルタ機能を使えば、特定のアドレスからのメールを振り分けたり、既読にする、転送するなどの操作を簡単にできます。

使い方は、以下の通りです。

Gmail画面右上の歯車マークを選択してください。

その後、「設定」を選択して下さい。

SnapCrab_受信トレイ (6214) - shintpy@gmailcom - Gmail - Google Chrome_2015-7-14_21-30-8_No-00

次に設定画面の「フィルタ」を選択します。

SnapCrab_設定 - shintpy@gmailcom - Gmail - Google Chrome_2015-7-14_21-30-39_No-00

次に、フィルタの設定画面内で「新しいフィルタを作成」を選択します。

SnapCrab_設定 - shintpy@gmailcom - Gmail - Google Chrome_2015-7-14_21-30-54_No-00

 

次に、フィルタの条件を指定します。

特定の宛先、送信元、件名を含むなどの条件を指定できるので、自分が使いたい条件を入力してください。

SnapCrab_設定 - shintpy@gmailcom - Gmail - Google Chrome_2015-7-14_21-31-59_No-00

次に、フィルタ条件に合致したときのGmailでの動作を指定できます。

例えば、メールを振り分けたい時はラベルを付けたり、転送したい時は次のアドレスに転送するを選択するなど、用途に合わせて使い分けてください。

SnapCrab_検索結果 - shintpy@gmailcom - Gmail - Google Chrome_2015-7-14_21-32-19_No-00

今回は、特定のアドレスからのメールを「テスト」というラベルに振り分ける設定をしてみました。

これで、今後このアドレスから届くメールは「テスト」に振り分けられます。

SnapCrab_設定 - shintpy@gmailcom - Gmail - Google Chrome_2015-7-14_21-33-11_No-00

今回の説明は以上です。

Gmailのフィルタ条件はいくらでも追加できますので、用途に合わせたフィルターを追加していって、Gmailを使いやすようにカスタマイズしてみてはどうでしょうか。

 

スポンサーリンク

-便利ツール