便利ツール

Twitterのトレンド分析するなら「twimp」がおすすめ

マーケッターやアフィリエイターの方などは、WEB上でのトレンド分析は重要ですよね?特に、Twitterや2chなどで話題になったことが広がってその後テレビでも報道されることもあるので、ビジネスの戦略を立てるにもSEOで上位に上がる記事を書くためにも重要な作業です。でも、Twitterの大量のツイート上から自分の力だけでユーザーの傾向やトレンドを知ることは容易ではないですし、探すのに時間をかけているのは勿体無いですよね。

そこで、Twitterでのキーワードの傾向分析ができる「twimp」がおすすめです。

・twimpとは

twitterでのキーワードの広がりを調べることができるトレンド分析サービスです。

・twimpで何ができるの?

Twitterにおける指定期間内での特定キーワードの表示回数、ツイート回数、ユニークユーザー数などを調査することができます。期間に関しては、最大3か月までさかのぼることができるので、今後のトレンド予測にも使えると思います。また、樹形図での表示にも対応していて、Twitterの拡散元のユーザーを知ることできます。

SnapCrab_ツインプ twitterでのキーワードのひろがりを調べます。無料調査登録不要です。twimpnu - Google Chrome_2015-8-9_9-48-27_No-00

・どうやって使うの?

twimpのページにアクセスして、調べたい単語を入力するだけで調査が始まります。Twitterアカウントとの連携も一切不要でTwitter上でのキーワードの広がりを調べることができます。Twitterのアカウントがなくても利用できるので、利用に関しては便利です。

SnapCrab_ツインプ twitterでのキーワードのひろがりを調べます。無料調査登録不要です。 - Google Chrome_2015-8-9_9-45-55_No-00

SnapCrab_ツインプ twitterでのキーワードのひろがりを調べます。無料調査登録不要です。twimpnu - Google Chrome_2015-8-9_9-47-57_No-00

・分析時間はどのぐらいかかるの?

Twitterキーワードの頻出度合がそこまで高くなければ、小規模調査といって1分以内で調査が完了します。逆に、キーワードがメジャーなもので、頻出度合が高い場合は大規模調査といって数時間かかる場合もあります。ですので、メジャーなキーワードのトレンドを知る場合は、時間に余裕をもって使われることをおすすめします。

SnapCrab_ツインプ twitterでのキーワードのひろがりを調べます。無料調査登録不要です。twimpnu - Google Chrome_2015-8-9_9-50-8_No-00

・ツイートのダウンロードができるの?

テキスト形式でのツイートの一括ダウンロードに対応しているので、分析に使うこともできます。

 

 

スポンサーリンク

-便利ツール