便利ツール

Office Lensで書類を簡単にPDFやWordに変換!

普段使っている紙の書類をPDFやWord等のデータに変換したいことがありますよね。でも、書籍の自炊で使うようなスキャナーを使うのは、用意する手間もとてもかかりますので現実的ではないですよね。それに、思いついたときにすぐにスキャンしてデータに変換したいですね。

そこで、マイクロソフトのスキャナアプリの「Office lens」を紹介します。

<Office Lensとは>

iOSやAndroidのスマホやタブレットを使って撮影した紙の書類、ホワイトボード、メモ、名刺などを、PDF・Wordなどの文章データに変換してくれるスキャナアプリです。

<画質はどうなのか?>

撮影して取り込んだ書類を、トリミングと画質の最適化を行ってから文章データに変換してくれるので、画質的には安定しています。

<OCRには対応しているの?>

OCR機能にも対応しています。ですので、テキスト検索やテキストの抽出にも対応しているので、PCでの編集もしやすいです。ただし、OCRの読み取り精度に関しては書類の状態にも左右されます。

<どうやって使うの>

iOSストアで「Office Lens」を検索してください。一番上の「Office Lens」をインストールしてください。

 IMG_1045

Office Lensを起動すると、チュートリアルが始まりますので順に進んでいってください。

IMG_1046 IMG_1047

最後にカメラへのアクセス許可を求められますので、「アクセスを許可」を選択して下さい。

IMG_1048

次に書類の撮影画面に移動するので、取り込みたい書類を撮影してください。

IMG_1049

IMG_1050

次にエクスポート先の選択画面になります。PDFやWord等の変換したいファイル形式を選択して下さい。また、メールでデータを送ることもできるので、PCでも簡単に文章データを使うことができます。

IMG_1051

Office Lensの使い方の説明は以上です。

 

 

スポンサーリンク

-便利ツール