便利ツール

SNS利用者におすすめのテキスト編集ツール「文字数カウンター」

スマホユーザーの方でSNS(Facebook、Twitter)を利用されている方もいるのではないでしょうか。

確かに、最近は日々の出来事をシェアしたい人が多いので、SNSの利用機会も多いと思います。でも、SNS投稿の時には投稿できる文字数制限がある場合があるので、それを気にしつつ投稿していると思います。でも、投稿画面で文章を編集していると、せっかく書いたのにうっかり削除してしまった、下書き機能がなくても不便などと言った問題がありますよね。せめて、投稿文章の下書き保存はしたいですよね。

そこで、iOS対応のテキスト編集ツール「文字数カウンター」を紹介します。

<文字数カウンターとはどんなツール?>

TwitterやFacebook、メールやSMSなど、さまざまなアプリに文章を流し込めるテキスト編集ツールです。このツールでは、SNSの投稿画面のように入力した文章の文字数をカウントして表示してくれるので、文字数を見ながら利用するサービスの上限の文字数に合わせた文章の編集を行うことが楽にできます。

また、下書き機能もありますので、投稿する文章を時間をかけて編集することにも向いています。

<使い方はどうなの?>

まず、AppStoreで「文字数カウンター」と検索してダウンロードしてください。

IMG_1253

アプリのインストールが完了したら起動してください。

IMG_1254

アプリが起動すると以下のような画面が表示されます。

IMG_1255

まず、入力欄に何かを入力しましょう。例えば「テスト」と入力してみると、「文字数3」と表示されます。

下の「保存」を選択すると、作成した文章の保存ができます。じっくり時間をかけて投稿文を仕上げたい場合は、下書き用途として使うと良いでしょう。

IMG_1256

保存した文章の一覧は「履歴」で確認することができます。

IMG_1258

また、「シェア」を選択すると、iPhoneの共有メニュー経由でSNSなどの様々なアプリに作成した文章を流し込むことができます。また、文章のコピーやクラウドドライブにアップロードすることも可能です。

IMG_1257

例えば、Twitterを選択すると、しっかりと投稿画面に文字が反映されます。

IMG_1260

また、アプリ内の「設定」を選択すると、以下のように文字数のカウント方法を選択することもできるので、利用するサービスに合わせて変更すると良いと思います。

IMG_1259

これで使い方の説明は終了です。

<最後に>

「文字数カウンター」は作成した文章の保存ができるなど、SNS利用者にはおすすめのテキスト編集ツールです。ただし、フォルダによる管理機能がないため、大量の文章管理には向いていません。ですので、文章管理をこのツールに一本化するのは難しいかもしれません。

スポンサーリンク

-便利ツール